大人ニキビが繰り返しできるのは

大人ニキビが繰り返しできるのはどうしてなのかについての解説です。生理前等、お肌が不安定になっていると繰り返しできてしまう大人ニキビは思春期にできるニキビとは異なりフェイスラインやあごなどにできやすく、しかもニキビ跡になりやすいという困った特徴があります。
ニキビは過剰な皮脂の分泌のために毛穴がつまり、そこにアクネ菌が増殖して炎症を起こしているという状態ですが、20代~30代にかけてはお肌の新陳代謝(ターンオーバー)のリズムが崩れて古い角質層がうまく剥がれずに毛穴がつまってしまいやすいのです。
お肌のターンオーバーは過剰なストレスや睡眠不足、喫煙習慣やお酒などの生活習慣に影響されてしまうので、なるべく規則正しい生活をすることもニキビ予防につながります。
また、女性であればメイクでなんとか隠そうとしたりしてしまいますがこれは逆効果で、見られるのが恥ずかしいと思ってもニキビが治るまではその周辺に刺激を与えるのは控えてなるべくニキビが外気に触れられるようにしましょう。
大人のニキビは思春期のニキビとは違ったケアが必要ですが、正しくニキビと向き合って健康的な美肌を手に入れたいですね。

大人ニキビが治らない状況での対処法